2007年01月25日

打ち上げ

「最強の弟子ケンイチ」にて今年も引き続き辻新之助役をやりました。
なんかほぼ原作の通りにやってるみたいでオレ的には嬉しいですね。
原作モノってのは漫画や小説などからアニメ化していくワケだけど、演出や監督によって原作から離れた表現や構成になったりしますよね。
(逆に成功した例もなくはないですが・・)
オレも昔の原作モノアニメなんかで嫌〜な思いをしたことがあるんで、原作があるのならば原作の通りに作ってもらいたいもんです。
いろんな演出の方がいるけど、そこで自分の特色を出そうとか、新たな表現をしてみようとかは考えて欲しくはないものです。
原作のファンがいて、まずその方たちが期待して観るんですから。
その熱烈なファンの期待を裏切るような行為はしてはイカンと思うんです。
彼らこそ人気の発信源となるのですから・・・。
自分の特色を出したいならばオリジナル作品を手がけなさい・・ということ。
原作モノってそれだけ難しいものと考えます。

さて、収録後大急ぎでパッタポッタモン太の打ち上げ会場へ!
そう、パッタポッタモン太の制作が全て終了したので、その打ち上げパーティなんです。
なんか悲しいですね。
何度も経験してるけど打ち上げはツライ。
やっと掴んだキャラを終わってしまうのかと思うと・・ね。
ただ、再放送も決まったらしく、各放送局での人気度合いによっては・・・なんてこともあるかもです。
いや、そーなって欲しい!
モンドキャラはパッタポッタモン太でくらいしか出て来ないキャラじゃないかなw
posted by 一条和矢 at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分色を出したいとか原作をどうこうしたい訳では無いのです。脚本渡されオカミからの御達示があれば、原作大好きでもやらねばならないのです。プロならば。
皆さん熱くキャラを分析し原作に違わぬよう頑張ってらっしゃる方の方が多いです。
しかし、脚本と監督の指示であればどうしようも無い事があります。与えられた中で原作に近付けようと頑張っても限界はあります。
一条さんと同質の憤りを監督、脚本に思っていると思います。
演出を誤解されないで頂けると嬉しいです。原作好きな時の方が悔しい事が多いです。…何か長々すみません
大好きな役者さんに偏見もたれると切なくて。
Posted by at 2007年01月26日 07:51
そうですね。
オレの言いたかったことは、その末端のスタッフではなく、大元の、そのオカミとやらのことなんですw
我々だって芝居が違うと思ってもオカミからの指示で別の演技をしなければならない時があります。
いずれにせよ「ファン」が存在する「原作」とゆうものがある以上はその範囲内で制作等をせねばならないハズ。
逸脱し過ぎるのはイカンと言いたかったのです。
偉そうですみませんw
Posted by 一条和矢です。 at 2007年01月26日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32105412

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。