2007年05月31日

疲れた

ディスカバリーチャンネルの、業界用語でヴォイスオーバーの仕事をしました。
いわゆる・・・外国の特集番組なんで、その登場する著名人や学者、エキスパートの人たちの声あて・・・ですね、分かりやすく言うとw
番組名はオレからは言えませんが、非常に緊張感ある現場でしたね。
洋画の吹き替えさながらの雰囲気です。
オレにとっては異世界のような空間w
オレ個人にとって・・・アニメやナレーションで今まで培ってきたモノを全て一度ゼロにしないとな・・・と思わせるってカンジ?
それ程に応用が利かない現場なんです、オレにとってw
だから他の共演者の方がたに迷惑をかけまいと非常に緊張する。

そんな中、久しぶりに巻島○樹さんと共演できた!
レギュラーデビュー作「獣戦士ガルキーバ」で共に獣人役で共演し、非常にお世話になった方。
きさくな方で、当時ド新人だったオレに気軽に話しかけ、接してくれた。
お陰でスタジオで孤立することなく仕事ができたものである。
そんな巻島さんとは、いわゆる「畑違い」なのか、ソレ以外は今までほとんど共演した経験がない。
久しぶりに言葉を交わしあい、懐かしんだ。
緊張がほぐれて良かった、巻島さんありがとうございます。

その後、釣りビジョンで「魚種格闘技戦」のナレーションに臨む。
なんか・・・・・ホッとするワ、この空間w
プロデューサーもオレのこと分かってる方だし。
やっぱオレってばやりなれたスタジオってのが落ち着くらしいw
posted by 一条和矢 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。