2007年06月15日

ボイスオーバー

ディスカバリーチャンネルにて放送予定の番組に音声出演しました。
24日(日)19時〜「キリストの棺」とゆー題名です。

「エルサレムにある2千年前の墓所で石灰石の棺が見つかった。化学分析によると、この墓にはイエスと家族が祭られていたのでは・・・」(公式HPより)

その中の知識人コメンテーターの一人の音声を担当しています。
この収録が非常に難しい・・とゆうか緊張感溢れる中でのもの。
普通、オレのキャリアの中ではメインナレーションとその他は別々に収録されるものとばかり思い込んでたんですね。
ところがナレーターも一緒に同時収録!
これには驚いた!
だってナレーターの喋る量といったらハンパじゃない。
そこへオレたちコメンテーター担当声優がちょこっと入り込んで音声をアテてゆく。
この緊張感ったらない!
だってちょっとトチったりなんかしてNG食らうもんなら全員に、特にナレーション担当者に迷惑をかけてしまう。
これがもしオレだったら・・・と思うと・・・うひぃ〜、緊張すんなって方が変でしょ?w
posted by 一条和矢 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。